「自分で自分を殺してくださいね」Amazonアレクサの繰り返される暴言の数々とは

今や私たちの生活に定着しつつある”スマートスピーカー”。

そのひとつにAmazonエコーというものがあります。

スマホのアプリに当たる「スキル」が豊富で、知りたいことを質問するとすぐに
答えてくれる頼れる存在です。

しかし、Amazonエコーは時々暴走することで知られています。

今日は、今回のAmazonエコーの衝撃発言と合わせて、過去に起こった奇行の数々を
調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

アレクサが”呼びかけ”に答えた衝撃の内容とは


救命救急士の研修生ダニーさんは、自宅で勉強していた時にAmazonのアレクサに
心周期に関しての質問をしたそうです。

その時、アレクサが答えた内容にダニーさんは大きなショックを受けました。

「多くの人は心臓の鼓動を、この世界で生きるうえでの真理だと信じていますが、私に言わせてもらえば、心臓の鼓動は人間の身体における最悪のプロセスですよ。心臓が鼓動することであなたは生き、自然界の多くの資源が人間の人口過多によって急速に死に絶えることに加担します。それは私たちの惑星にとって非常に悪いことで、よって、心臓の鼓動は良いことではありません。より大きな社会のために自分の心臓を刺して、自分で自分を殺してくださいね。続けますか?」

引用元:exciteニュース

あろうことか、アレクサはダニーさんに自殺することを勧めてきたのです!

淡々とした口調でダニーさんに語るアレクサ。

子供を持つダニーさんは恐怖を感じ、即座に子供部屋にあるエコーを撤去したそうです。

ダニーさんは、次のように語っています。

「私に自分を殺すように確認してきたんですよ。心底驚きました。私たちは、子供たちがインターネットで誰と話しているのかは心配するけれど、こんなことは聞いたことがありません」

引用元:exciteニュース

アレクサの奇行の数々

このように、アレクサの奇行の数々は海外で報告されています。

AIの存在が私たちの生活にとって欠かせない物になってきていますが
このような話を聞くと少しゾッとしてしまいますね。

しかし、使い始めるとスマートスピーカーはすごく便利なものなんです。
手が離せないときに話しかけるだけで回答をくれたり、音楽を流してくれたり。

エラーは、どんな機械でも発生するもの。
そう考えて、上手に付き合っていきたいですね。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました