サングラスをかけた大仏さま!チカチカと赤く光る姿がファンキーすぎると話題に

愛知県江南市で、サングラスをかけた大仏様の写真がファンキーすぎると話題に
なっています。

一体どういうことなんでしょうか?

今日は話題になっている大仏様の姿と、その大仏様を見ることが出来る場所に
ついて調べてみました。

スポンサーリンク

サングラスをかけた大仏さまとは?

Hisaさん(@Hisa0808)は、愛知県江南市にある大仏がサングラスをかけたように見える
瞬間をとらえた写真をツイッターに投稿しました。

踏切の警報機がちょうど大仏様の目のあたりの高さになっていて、まるでサングラスを
かけているように見えますよね!

この大仏さまは、どこにあるのでしょうか?

「サングラス大仏」の所在地

「サングラス大仏」があるのは、愛知県江南市。地元の人達からは「布袋の大仏」という
愛称で親しまれています。

この大仏の背中側には扉があり、「布袋大仏接骨院」という接骨院の入り口になっています。
名鉄布袋駅から徒歩約10分ほどで大仏のある接骨院に到着できます。



「サングラス大仏」をみるには?

大仏さま自体は、サングラスをかけていません。
普通に近くまで行っても、サングラスをかけたようには見えないんです。

実は近くにある踏切の警報機越しに大仏さまを見ると、ちょうどサングラスをかけているように
見える角度があるんです。

ご自身で散策がてら「サングラス大仏」が見える角度を探してみるのもいいですよね。

また名鉄犬山線の”江南~布袋”間を走る、電車の中からも大仏の姿は見ることができます。
犬山線の電車に乗ることがあったら、大仏の姿を探してみてくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました