警察に逮捕されたのは99才のおばあちゃん。手錠をかけられ、留置所へ入れられた驚きの理由とは!?

オランダに住む、99才のおばあちゃんが警察に逮捕され留置所へ入れられてしまいました。

99才という高齢にもかかわらず、手錠までかけられるなんてどんな罪を犯したのでしょうか?

スポンサーリンク

おばあちゃんが逮捕された理由は?

アニーおばあちゃん(99才)の長年の夢は「警察に逮捕されること」

しかし、警察に逮捕されるには罪を犯さないといけません。

アニーおばあちゃんは罪を犯して逮捕されたのでしょうか?

いいえ、違います。彼女は、何も罪を犯していないのです。

アニーおばあちゃんのこの願いを知った姪っ子が、地元の警察に連絡。

警察の協力の元、アニーおばちゃんはめでたく警察に逮捕されることになったそうです。

逮捕後のおばあちゃんの様子

逮捕される当日、アニーおばあちゃんは自ら警察に自首し、

手錠をかけられ留置所へ。

その表情は長年の夢が叶ったからでしょうか、とてもうれしそうでした。

この事に関して地元の警察は次のように話しています。

「今朝、アニーが最後の願いのひとつを叶えました。市民が自由にやってくることは許されていないため、署のマーティンが休み時間を使って手錠をつけた状態のアニーを留置所に少しの間座らせたのです(滅多にやらないことです)。忘れられない1日となりました!」

警察の粋な計らいによって、人生で唯一叶えられていなかった夢を叶えることが

できたアニーおばあちゃん。

逮捕後のはしゃいだような姿は、私たちまで幸せな気持ちにしてくれますね。

心の温まる、素敵なお話でした。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました